事故を起こした車や故障した車は下取りに出すべきではないって本当?

一般的に事故をした車あるいは故障した車に対してディーラー下取りは査定がつきにくいのがほとんどです。
これはディーラーの下取りシステムの仕組みによるものが大きいのです。
というのもディーラーの下取りは査定表に基づいた査定価格になります。その中に事故車や故障車の規定はありません。
というのも最初から事故車や故障車を査定するシステム自体が存在しないのです。
それでも大切なお客様ですし、下取りイコール新車購入ですから上お得意様ということになります。
ディーラーの場合はそのまま廃車処分になることが多いので廃車にかかる費用がサービスされるくらいでしょう。
ですからここまでの内容をまとめるとディーラー下取りでは事故修復車には査定価格がつかないことがほとんどです。高年式の車であっても事故修復歴があると恐らく下取り査定相場の半額以下でしょう。
また、故障車の場合も程度によってはそのまま廃車処分になります。簡単な電装系の故障でしたら、ディーラーで修理することも考えられるのですが、修理の場合は事故修復と違って完全に直せば普通の下取り査定になることもありますので、他の修理屋で修理をしても問題はありません。
もっとも修理をしても自己申告はしたほうがいいですから、下取り査定に際に修理歴があることを黙っているようなことはしないほうがいいでしょう。
ですから、事故修復車や修理歴のある車はディーラー下取りはそれほど旨味はありません。それよりも中古車専門の買取業者に買取査定をしてもらうほうが金銭的な面ではメリットがあります。
それでもディーラー下取りを利用したい場合に考えられるのは急いで次の車購入したい場合でしょう。
その際は車の納車までは代車を借りることができるので、乗れる車の空白という事態を回避できることです。
これは買取にはないディーラー下取りの大きなメリットといってもいいでしょう。