事故を起こしてしまって動かない車の廃車はどうしたらいいの?

自動車事故を起こしてしまうと修理費用の大きさによっては修理することもなくそのまま廃車にしたほうがいい場合もあります。
それでも動かせることができれば自分で廃車の処分場へ持ち込むこともできるのですが、大きな事故で車が自走できなようなダメージを受けた場合はどうしたらいいのでしょうか。
実際に自動車事故を起こすと修理費用をまず考えなくてはいけません。
修理してそのまま車を乗り続けるのか・・これが一番いい方法ではあるのですが、事故の度合いによっては修理せずに車の買い替えをしたほうがいい場合もあるのです。
もちろんこれは修理費用の大きさによって様々な方法があります。
自走できないような車であれば、修理費用も莫大になることが多いですから、その場合は車の買い替えというのが正しい選択でしょう。
もっとも、新しい車の購入を考えるのであれば、その車を購入する販売会社に頼んで事故を起こした車の処分を依頼したほうが一番手っ取り早いです。廃車手数料を請求される場合もありますが、自分でレッカー移動を依頼して数万円の出費をするよりもこちらのほうが断然お得ですからね。
少しでもお金がほしい場合はディーラーでしたら査定などはありません。買取業者では不動車でも買取可というところがあります。部品どりなどで利用してそれに対して代金を支払ってくれますので、お金が少しでもほしい場合は買取業者に依頼するのもいいでしょう。もちろん廃車処分の手続きもしてくれます。

 

もし新しい車を購入するのであれば、事故をしたボロボロの車(動かない車)は廃車にする事になります。

 

この場合も新しい車を購入する車屋さんに廃車を頼むか?または購入するお店と別の業者に廃車だけを頼むか?のどちらかになります。

 

事故そしてしまった不動車の車の場合について、レッカー屋さんに運んでもらうか、廃車業者に取りに来てもらうしかないです。