まんこの臭いが気になったり、悩んだりしたことのない女性は皆無といっても過言ではありません。

しかし、まんこの臭い原因の種類が多いことや、また、複数絡んでいることが多いので、まんこの臭いの解消を難しくしています。

女性なら誰でも起きるまんこの臭いの原因には、外的なものや、あるいは身体の内部から来ているものがありますから、正しい知識を身につけて解消することが大切です。

まんこが臭い原因

外部的要因

まんこの臭いの原因となっている外的なものには次のようなことがあります。

菌の過剰な繁殖

まんこには悪菌が体内に入らないように一定数の菌が存在していますが、何らかの原因で菌が過剰に繁殖すると臭いが発生してしまいます。

菌の過剰に増える原因には「ストッキングやタイツ、整理時のナプキンなどで蒸れる」ことや、さらにおりものや経血でさらに菌が増えやすくなります。

まんこは構造的に蒸れやすい

女性のまんこは男性と違って外に飛び出していないだけでなく、構造も複雑です。

複雑な構造に加え、下着やパンティストッキング、整理のナプキンなどの密着で通気性が悪く蒸れやすくなっていますから、条件的にもまんこが生臭くなるのも当然すぎるほど当然なのです。

汗が汚れを吸着して雑菌を増やす

まんこはアポクリン線と呼ばれる汗腺が、身体の他の部位よりもたくさん存在していて汗をかきやすくなっています。

しかも、アポクリン腺から出る汗は粘り気があり雑菌が繁殖しやすい汗のため、まんこの臭い原因になるだけでなくかゆみに悩まされることも起こります。

内部的要因

まんこの臭いの原因の内部的なものには次のようなことがあります。

甘いものの摂りすぎ

まんこの臭いの原因で一番多いのが細菌です。

甘いものを摂りすぎるとカンジダ菌が繁殖して膣炎を起こしやすく、臭いの強いおりものが出るようになります、

腸内環境の悪化

便秘や下痢などで腸内環境が悪化すると、体の中で臭いを抑えられずに血液を通して体外に臭いを放ってしまいます。

抵抗力が劣っている下痢気味の人などは、腸内の細菌が腟内に入るのを防げずに膣内に入りまんこの生臭い原因になってしまいます。

ストレス

ストレスがあると免疫力も落ちて、膣の自浄作用の力も低下します。

免疫力が低下した膣には大腸菌や腸内球菌などの雑菌が膣内に進入しやすくなります。

さらに、浄化作用の力も低下していますから、膣が清潔な状態を保ちにくくなくなり雑菌も繁殖しがちで、その結果まんこの臭いが強くなります。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つがあります。

この2つのホルモンのバランスが乱れてプロゲステロンが過剰に増えると皮脂の分泌が多くなり、空気中の酸素と結合してまんこの臭いとなります。

女性ホルモンのバランスが乱れる原因としては、睡眠不足やストレス、食生活の乱れや運動不足などがあります

細菌性膣炎に罹っている

女性の膣の中には大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌や腸球菌など、様々な細菌が存在していますが、それらの細菌が異常に繁殖をすると善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてまんこの臭いの原因になってしまいます。

細菌性膣炎に罹っているときの臭いは生臭いのが特徴で、この原因にはストレスや疲労で免疫力が低下しているとか、生理のときに生理用品をつけっぱなしでも細菌が繁殖をして起こります。

しかし、清潔を気にして入浴時に洗い過ぎても膣内の濃度が薄まり細菌が繁殖しやすくなりますから、洗い過ぎは避けてください。

性感染症に罹っている

性感染症に罹ると特に魚臭いとか、生臭いニオイが強くなりますから、このような時は十分な注意が必要です。

その他、おりものが増えたり、腹痛を起こすなどの症状が出ますが、感染に気づかないことが多く、そのためどうしても発見が遅れがちです。

性感染症には、細菌性膣炎やトリコモナス膣炎、クラミジア感染症などのほか、何らかの子宮の病気や淋病などがあります。

まんこの臭いの対策方法

まんこの臭いというのは上記のように実に様々なケースがあります。

臭いのもとによって、対処も違いますし臭いの原因がしっかりとわかっていないと、臭いが消えないで根本的な解決につながらないことがあります。

何とかしてにおいの原因を減らしたい。どの原因が私のにおいの元なの?

そんなお悩みについて、臭いの原因別の事例とともに、その対処法も紹介していきたいと思います。

まんこの正しい洗い方と清潔の保ち方

まんこは繊細な部位なので、専用のソープを使い、刺激がないようにするためにもしっかり泡立ててから洗います。

そして、先述したように外まんこだけを優しく洗います。

理由は膣の中まで洗うと善玉菌が減り、自浄作用のバランスが崩れるので絶対NGなのです。

おりものは気になりますが、しかし、おりもの自体はそれほど臭いません。

通気性の良い綿の下着で蒸れを予防したり、デリケートゾーン専用のシートで清潔を保つことで雑菌の繁殖を防ぐことができます。

そもそも洗い方がだめなケース

まんこの臭いがきついケースとしては、そもそも洗い方が間違っているようなケースがあります。

洗い方が下手だったりすることによって、臭いのもとが残っているようなこともありますが、洗いすぎるようなことによってかえって膣内の分泌液がなくなってしまって臭いが出るようなケースがあります。(分泌液が減って臭いが強くなるケースは他にも加齢によって出にくくなるようなケースがあります。)

膣から出る分泌液というのは、殺菌をするための成分も含まれているのでありますが、その成分を洗い流しすぎてしまいますと殺菌ができる成分がなくなってしまいますので、必然的に細菌が繁殖しやすくなります。

洗いすぎないように、易しく丁寧に洗うことは当然のことなのですが、専用のソープを使うことをおすすめします。

専門の用品ですと、デリケートゾーンにやさしい成分を使っていますので、余計な炎症を抑えたりしてくれます。

殺菌成分を含んでいるものもありますので、臭いが気になるときには専用のものを使ってみるといいでしょう。

後は、洗い方の面で気を付けてほしい体の特徴として、小陰唇肥大というケースも考えられます。

生まれつき小陰唇が大きい場合ですと、汚れが特にたまりやすくなり安と祝えています。

ビラビラの部分が多いので、汚れがしわの間にたまりやすいのが原因と考えられます。

こういった場合には特に注意して洗うことが望ましいです。

生理などの生理的なもの

女性特有の者として、生理が挙げられます。生理を多くの血が出ますので、必然的に生臭くなってしまうのは仕方のないことです。

また、ホルモンバランスが変わってしまいますので、分泌液や汗の量が変わったりしますので、生理前後はにおいが出やすくなるようなケースもあります。

生理中の臭い対策は、生理用品選びが重要です。

なるべく整理中は空気が触れるようなことがないようなものを選び、細菌の繁殖をするようなことをしないようにするといいでしょう。

生理中は血だけではなく、子宮内膜や粘液類も含まれていますので、そういったものが空気に触れると細菌が繁殖しやすくなるため、臭いがきつくなるのです。

臭いが漏れにくいものを選ぶのもいいですが、あまりに密閉しすぎると、今度は蒸れたりかゆみが出たりするようなことがあります。

通気性のいいものを利用するのと良いのですが、空気に触れやすいためかえって臭いが出やすくなりますので、基本的には定期的な交換をするようなことやビデなどでのこまめな洗浄をすることをお勧めします。

生理中は定期的なケアを行わなくてはならないのは仕方がないことだと割り切った方がいいでしょう。

わきがのケースの場合

実は、まんこの臭いがワキガと一緒のケースがあるというのはご存知でしょうか?

まんこからでる分泌液の中には汗の成分というものも含まれています。汗が出るということは、ワキガの原因となるアポクリン腺から出る臭いやすい汗というものも出たりします。

こういった臭いに関しては、なかなか自力で気が付きにくいものですから、周りの人に結構臭いが伝わってしまって迷惑になっていることもあります。

わきがのケースの場合には、基本的には食生活や生活面の改善が第一です。

アポクリン腺から出る汗というのは、基本的に食生活が肉食や乳製品中心で脂分が多い食事であったり、運動不足によって汗が出にくくなっているような時にはアポクリン腺から汗が出やすくなっていますので、脂分が多く細菌が分解しやすい栄養素がいっぱい出ますので、臭いが発生しやすいというわけです。

動物性のタンパク質や動物性脂肪を摂りすぎると体内の臭いを抑えている肝機能を弱めて、臭い物質がまんこのアポクリン汗腺からも汗と共に放出されてしまいます。

また、ストレスがたまっていると、交感神経が活発になりますので汗が出やすくなってしまいますし、膣から出る分泌液も少なくなることによって殺菌能力が低下することもあります。

臭いが出やすい汗をかかないようにするには、これらの逆をすればいいわけです。

肉料理の摂取を抑え野菜中心の生活にし、睡眠などを良くとってストレスを軽減し、運動をしてにおい成分が薄い汗が出やすいようにすることによって臭いを抑えることが基本となります。

このケースですと、デオドラントによって、汗を拭きとるというようなこともおすすめです。

デリケートゾーンでありますから、専用のデオドラントが必要ですが、デオドラントは汗を拭きとるだけではなく、細菌を殺菌してくれますので一時的ですが臭いが出るような状況を抑えてくれるわけです。

性病といった病気のケース

まんこの臭いというのは、性病やがんで起こっているようなケースもあります。

性病の場合ですと、ウイルス感染によって炎症を起こしたり、臭いを発生させる原因となる物質を分泌することによって臭いが発生してきます。

具体的な病名としては、トリコモナス、淋病、カンジタなど様々な性病があり、感染した時に臭いが強くなるようなケースがあります。

感染した時には、黄色や緑色の膿が出てきたり、織物の量が多かったり茶色かったりといつもと色が違うようなものが出てきたりします。

その他にも、まんこがはれ上がったり、痛みを伴ったりするようなケースもありますので、こういった病変が出てきたら性病が原因になっている可能性が高いです。

 性病に感染したような場合ですとまず自力では治すことはできませんので、根本的な治療は病院に通って治すことをお勧めします。

抗生物質によって、細菌を消滅させることによ理臭いを根本的に治すことが第一です。治療中に臭いをできるだけ抑えるように膣洗浄などを並行して行うといいでしょう。

結構急激に臭いが出てくるようなケースが多いので、何か違和感をかじるようになったときには、すぐに病院に行ってくることをお勧めします。

その他の対策方法

脱毛をする

まんこのムダ毛処理をすることで、蒸れることが防げますから、清潔な状態を維持しやすくなり、まんこの臭いの原因の大敵の雑菌の繁殖を防ぐことができまからかなり効果的です。

ただし、自己処理は危険なのでクリニックなどでの脱毛がおすすめです。

腸内環境が悪化するとアンモニア臭くなる

腸内の悪玉菌が増えると体臭の原因になりますから、腸内環境を良くする食べ物の納豆やヨーグルト、食物繊維が多い食べ物などを心がけて摂るようにしてください。

腸内環境を悪化する食べ物には、アリシンや硫化アリルが多く含まれる食品のにんにくやたまねぎ、ニラやネギなどがあります。

生活習慣の見直し

悪い生活習慣がまんこの臭いの原因となっていることもあり、そのため運動や水分摂取、睡眠などを心がけてください。

適度な運動で汗をかくと汗腺から皮脂の汚れなどが自然に排出されますが、汗をかかないとそれらが溜まったままになり、雑菌が繁殖してまんこの臭いの原因になり、少し汗をかいただけでも強い臭いがします。

ただ、汗をかいた後そのまま放置すると、雑菌が繁殖して臭いの原因になりますから、汗をかいた後はきちんと拭き取るか、あるいはお風呂で洗い流して雑菌が繁殖するのを防いでください。

また、水分をこまめにとることが大事で、水分が不足すると代謝が悪くなり、その結果体の老廃物を尿や汗として排出しづらくなりますから、まんこの臭いの原因になってしまいます。

そして、十分な睡眠をとってください。

睡眠不足は女性ホルモンのバランスを乱してまんこの臭いを強くするだけでなく、体が疲労して慢性化すると血液の循環が悪くなり、老廃物が溜まりやすくなり、溜まった老廃物がまんこの臭いの原因となります。

ちなみに、年齢とともに体の状態が変化しますが、同様にまんこの状態も変化して、まんこの臭いの原因となりますから、年齢に応じた対策も必要です。

まとめ

まんこの臭いの原因は様々ですが、正しい知識とケアで解消することは可能です。

そして、どの健康にもいえることですが「バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠」は大切で、これを実行することはまんこの臭いの解消にも美容にも繋がります。

当然ですが、美容と健康は表裏一体であり、別のものではありません。

まんこの臭いの悩みの解消と、美しい自分を手に入れてハッピーな毎日をお過ごしください。